花粉症になりやすい時期とは

今や日本人の4人に1人が花粉症で悩まされております。ここまでくるともはや国民病といっても良いかもしれません。しかも年々患者が増えており、今後も患者の数は増えていくと予想されます。多くの人が花粉症で悩まされる時期は春先でしょう。この時期に花粉の飛散量がピークを迎えるからです。この時期についてもう少し詳しくみていきましょう。実は春先には二度花粉の飛散量がピークを迎えます。関東地方を一度目は2月中旬から2月下旬にかけてです。この時に飛散するのは主にスギ花粉と言われています。また二度目のピークは3月下旬から4月初旬とされています。この時期にピークを迎えるのがヒノキ花粉と言われています。この二度のピーク時に症状が最もひどくなります。しかも症状は飛散量に比例するとされています。近年は温暖化が進み花粉の飛散量が増加傾向にあるため、症状がひどくなる人も増えています。また地域によっても飛散のピークは若干ずれています。南に行くほど早く、九州地方では2月上旬からピークを迎えることもあります。そして最近では春先だけでなく秋にも花粉症で悩まされる人が増えているようです。8月下旬から9月にかけてブタクサの花粉の飛散量が増えるためこれが原因で症状が出る人もいます。ところで環境省では花粉症対策としてリアルタイムで花粉の飛散状況がチェックできる花粉観測システムを立ち上げました。これはインターネット上で全国各地の単位時間ごとの情報をキャッチすることが出来るようになっています。この情報をもとに対策を取ると良いでしょう

花粉症のひどくなる一定時期を知る

花粉症は多くの人が苦しんでいるもので、さまざまな対策グッズが販売されています。 そんな中でも自分の対策として重要なことがひどくなる一定時期をしっかりと知っておくことです。花粉症は花が咲く時期であったり、花粉が飛散しやすい時期であったり植物によって...もっと読む