花粉飛散前から予防しておくと花粉症の症状が軽くなる

花粉症の症状が出るのを予防するには、花粉飛散前からマスクを着用して花粉を吸わないようにするのが一番です。アレルゲンである花粉を吸わなければ症状が出ることもありません。 しかしずっとマスクをしているのも大変です。今は花粉症を治す良い治療法も出来ているので予防と共に治療を開始しておくと良いでしょう。 新しい治療方法として注目を集めているのが舌下免疫療法です。 舌の下にアレルゲンとなる花粉のエキスを垂らして2分ほどそのままにしておき、時間がたったらエキスを飲み込みます。花粉症の様々な症状がが起こるのは、花粉が体に害を与えるものと免疫機能が勘違いして花粉を攻撃するためですが、舌下免疫療法では免疫機能に花粉が害があるものではないと覚えこませることができます。 舌下免疫療法は花粉飛散時期よりも3ヶ月以上前から始めると効果がありますが、効果を持続させるためには4~5年治療を続ける必要があります。 マスクなどで予防すると共にこういった治療を取り入れると、花粉症に悩むことがなくなります。