花粉症の予防のために注意したいこと

"花粉症は、スギ花粉などのアレルギーが引き起こされる原因物質の増大に、炎症を生じやすい体質、免疫力が悪くなっているなど、現代の人達が持ち合わせている多種多様な要因が積み重なって起こる文明病といわれています。 自分で感じる症状はくしゃみ、鼻水、涙目が筆頭ですが、スギ花粉がもたらす喘息発作やアレルギー性気管支炎の咳症状が出ることだってあります。 この頃は、目の周りの皮膚がかゆみが出る花粉症皮膚炎も拡がっています。 治療方法として 花粉が飛散する2週間前から抗アレルギー薬の飲用をします。 内服の抗アレルギー薬と抗ヒスタミン薬が通常は使用されます。 抗ヒスタミン薬は症状をストレートにおさえるつかいみちがあり、悪い部分が出始めてからでも役割を担ってくれます。 内服薬だけで効果が弱々しい場合は、点鼻薬をプラスすることもあります。点鼻薬は抗アレルギー作用と鼻粘膜の血管を縮めて鼻づまりをアッサリ解決できます。 予防の基本は花粉を近づけないことです。 アイテムでは、横からの花粉の侵入を阻止してくれるゴーグルタイプのメガネや立体マスクは効力を発揮します。花粉飛散中は窓を開けっ放しを止める、布団や洗濯物は病院内に干す、等が予防のために大切だといえます。 とにかく花粉を持ち込まないアイデアをみっちりやることが優先です。 また体質改善で、肉や揚げ物を遠ざけ、青魚メインのメニューへ 更に、睡眠を丹念にとり、安定した食事を心がけるなど健康状態を考慮することも重要となります。"

花粉飛散前から予防しておくと花粉症の症状が軽くなる

花粉症の症状が出るのを予防するには、花粉飛散前からマスクを着用して花粉を吸わないようにするのが一番です。アレルゲンである花粉を吸わなければ症状が出ることもありません。 しかしずっとマスクをしているのも大変です。今は花

粉症を治す良い治療法も出来ているので予防と共に治療を開始しておくと良いでしょう。...もっと読む