花粉症の発症メカニズム

花粉症はスギやヒノキなどの花粉が体内に入り込むことによって発症するアレルギー反応です。 花粉は目や口、鼻から体内に侵入します。体の中に花粉が入ってきた場合に体では受け入れるのかどうかの判断が行われます。 排出すると判断した場合は抗体をつくり、次に侵入してきた花粉に備える体へと変化します。 こうして抗体ができた状態で、花粉が取り込まれるとくしゃみや鼻水をだして、侵入を防ごうとします。 これが花粉症を発症した状態になります。 花粉にさらされる量が多いほうが発症する確率はあがり、そうではない場合は確率は低くなります。 子供よりは大人のほうが長年さらされる時間が多いため、かかりやすい傾向ですが、近年、幼児や小学生のうちから花粉症になる子供も増加しています。 子供が花粉症の発症を遅らせる方法としては、花粉飛散の時期には極力花粉を避けるようにすることが大切であり、それに加えて、規則正しい生活習慣や栄養バランスの取れた食事を心がけることが大切です。 特にリノール酸の摂取のしすぎや、動物性たんぱく質の過剰摂取には注意が必要です。 また万が一罹ってしまった場合でも初期段階で、体質改善の食事に変えたり、規則正しい生活やストレスの除去などを行うことによって、症状を軽減できることもわかっています。 花粉の飛散は1月の下旬ごろからスタートするため、この時期からは外出時にはマスクを着用したり、自宅に空気清浄機を使用する、室内に花粉を持ち込まないようにするなどの対策も大切です。

知っておきたい花粉症の発症を防ぐ方法

毎年春先になると「花粉症の季節」という言葉をよく聞きます。実際スギ科やヒノキ科の植物の花粉が多く飛散し始めるのはこの時期です。天気予報等でもその日の花粉飛散量を伝えることもあります。しかしこれ以外の時期でも花粉症を発症させる植物はあります。...もっと読む