薬に頼らないで簡単に出来る花粉症対策

春先になって花粉が飛ぶ時期になると外に出るのも嫌になるという人も少なくないでしょう。 特にスギ花粉が多く飛ぶ日にはしっかりと対策を行わないと外出できないという人も中にはいるぐらいです。 花粉症の辛さはそうでない人にはわかりにくいものですが、いつ発症するかわからないので誰もがある日突然発症する可能性もある厄介な病気でもあります。 過剰なアレルギー反応によるこの症状を抑える方法としては、医師に処方された薬を使うという方法があります。

手軽にある程度まで症状を抑えられるということで多くの人が、この方法を選んでいますが、中には出来るだけ薬に頼らない方法を選ぶ人もいます。 薬は一時的には効果があるものの、根本的に解決するわけではありませんし妊娠中など出来るだけ薬に頼らない方法を選びたいという人も少なくないでしょう。 そういった場合に簡単に今すぐ始めることの出来る花粉症対策はいくつか存在します。 飛んでいる花粉から身を守る手段として多くの人が使っているのがマスクです。

マスクは鼻や口から花粉が入るのを防いでくれるので症状を抑える効果が期待できますが、それと同じように意外と効果が期待できるのがメガネです。 普通は視力の矯正に使われるメガネですが、花粉が飛ぶ季節には身を守る役割も果たしてくれるのです。 コンタクトレンズを使用するという方法もありますが、より目に負担をかけず手軽に花粉から実を守ることが出来るのがメガネです。 どうしてもメガネではなくコンタクトレンズを選ぶ際には、使い捨てのワンデータイプを選ぶことが大切です。 また、部屋の中の花粉は空気清浄機で除去することが出来ますが意外と忘れがちなのが洗濯物に付着してしまう花粉です。

外で太陽の光に当てて干した洗濯物は気持ちが良いものですが、花粉症の季節となると話は違ってきます。 外に干している洗濯物には目には見えませんがたくさんの花粉が付着してしまいます。 それをそのまま着てしまうと、いくら部屋の中を空気清浄機で綺麗にしていても症状が現れてしまうことになってしまいます。 その為、特に花粉が飛んでいる季節には極力外で洗濯物を干すのを避けなくてはいけないのです。 また、衣服に付着する花粉というのは外出時でも同様です。 帰宅時には出来るだけ上着などは玄関で脱ぐようにすることで、部屋の中まで花粉を持ち込まないようにすることが出来ます。 花粉を払うようにするというのも効果的なので、玄関には花粉を払えるはたきなどを用意しておくことも効果的です。